bukkensagasi2

物件探しを始める前に必ずやっておかないといけないことがあります。

ここをすっ飛ばすと後々痛い目にあって、結局ケンカすることになるので気をつけてください。
スポンサーリンク

 

物件探しをする前にしておくこととは…?

それはもちろん話し合いです!

話し合いが多いと思います?

でもたくさん話し合ってた方が、同棲し始めてケンカになっても話し合いで解決することが多くなりますよ^^

 

必ず話し合っておくことは6つです

  1. 場所
  2. 家賃
  3. 収納、キッチンの広さなど必要な間取り
  4. 周辺で必要な建物
  5. 食費や家賃などの生活費の割合
  6. 家事について

ではひとつずつ解説していきます!

 

1.同棲生活をする場所

自分たちの会社が近ければいいのですが、遠いと難しいです。

真ん中くらいにするのか、どちらかの近くにするのか。

コレは納得するまで話し合うしかないですね。

 

あと重要なのは、できれば自分の実家に日帰りで帰れる距離にすること!

これは必須です。

遠方から仕事で出てきている人は難しいですが、同じ都道府県内なら大丈夫でしょう。

私も片道1時間半くらいで実家に行けます。

これくらいなら、ちょっとストレス溜まってきたかな?って頃に実家に帰ってダラダラしたり、友達と逢うこともできます^^

 

コレは彼には内緒ですけどね。笑

 

2.家賃

コレはかなり重要ですよー。

お互い折半であれば2人分の収入の20~30%くらいがいいみたいです。

出来れば20%におさえて、他のことに使いましょう。

だからって安ければいいとゆうわけではないので難しいですが…。

 

3.収納、キッチンの広さなど必要な間取り

キッチンが広いとそこにダイニングテーブルがおけるので便利。

収納は大きい物がひとつはないと、外におかないといけない。

洗面所は独立していないと嫌!

 

こうゆうのも先に話しておいたほうがいいです。

物件を見に行くのが2人一緒だとは限らないので、出来れば細かく話し合ったほうがいいかもしれません。

コレは絶対必要とゆうのは相手にとって必要ないかもしれないですしね。

 

4.周辺で必要な建物

例えばスーパーやコンビニなどですね。

私の家周辺は食べ物屋さんが多くて、外食の時困るくらいです。笑

あとドラッグストアや100ショップがあるので、すごく便利ですね。

コンビニは目の前にあるのですが、よく行ってしまうのでない方がいいかもしれません。

夜中にお菓子とかすぐ買いにいけちゃいますからね・・・。

 

5.食費や家賃などの生活費の割合

こうゆう話し合いの時についでにお金の話もしちゃいましょう♪

お金の話ってすごくしにくいけど、しておかないと後で揉める原因にもなるので要注意です!

自分たちの収入を見ながら、生活費の全部を折半にするのか。

固定費を彼が、食費などの変動費を彼女が払うのか。

最初にキチンと話し合っておきましょう。

 

6.家事について

ついでに一番しにくい家事の話もしておくことをオススメします。

彼は基本的には家事はしないものと思って話をしてください^^

「私も仕事をしてるから、手伝ってくれたら嬉しいなぁ。」

これくらいでお願いすると、快く引き受けてくれます。

 

分担制にする方法もありますが、私はオススメしません。

疲れてても分担だからしなくちゃいけないと思うと、お互いイライラしてしまうからです。

暇な方が家事をするくらいのスタンスがいいですね。

私が全部するとは絶対に言わないでくださいね!

言ってしまったら彼は絶対に手伝ってくれませんよー!!!

 

番外編でぜひ話しておいてほしいこと!

基本的には上の6つですが、機会があれば同棲期間についても話しておいたほうがいいです。

 

これはアラサー女子だと特にですが、期間を決めていないといつまでもダラダラと同棲のまま付き合うことになります。

彼にとっては同棲のままで何も不自由ないですからね・・・。

このままだと授かり婚になる方法しかない!くらいになってきます。

なので、結婚する気持ちがあることを確認して、期間を決めてしまいましょう。

ただし、この期間は延びると思っていてください。

 

期間を決めておくとお互いそれに向けて貯金をしたり、相手を見極めることができると思います。

 

以上、話し合っておいたほうがいいことでした。

他にも、同棲をする上で気になることがあったら先に話しておくほうがいいと思います。

同棲し始めてからだと遅いこともあるので、気をつけてくださいね^^

 

次は直接不動産屋さんに聞いた内緒話☆

⇒不動産屋さんに直接聞いた!物件探しにイイ時期