a0001_015950

引越し当日…荷物を運んで気付いたら夜だった…。

そして次の日は仕事。

いつ荷物を片付けるのー!!!なんてことにならないように段取りはきちんと考えておきましょう。

荷物を運ぶだけで終わればいいのですが、他にもやることは結構あるんです。

 

スポンサーリンク

 

せっかく2人いるので出来ることを分担してさっさと終わらせちゃいましょ♪

では当日やらなくちゃいけないことを紹介します。

 

1.元々居た部屋を簡単に掃除する。

荷物を運び出したら簡単に掃除して出発しましょう!

お世話になった部屋ですし、あまりにも汚いままで行くのは失礼ですね。

部屋の鍵は郵送の場合もありますし、後日部屋の内装のチェックの時に渡すこともあります。

ここは必ず事前に確認してください。

この時にガスの元栓はしめて、電気のブレーカーも落としてからでましょう。

解約する日までは料金がかかるのでもったいないです。

 

2.新しい部屋の鍵をもらう。

不動産屋さんに行って新しい部屋の鍵をもらいます。

大体は引越し当日にもらえることが多いです。

 

3.部屋に到着したら、荷物を入れる。

部屋についたら、さっさと荷物をいれましょう。

引越し業者がいる時は手伝ってくれるのですぐ終わりますが、自分たちでする場合は結構時間がかかります。

ここはふんばって部屋の中に全部入れてしまいましょう。

引越し業者がいる場合は、プランによって家電の設置や、クーラーの設置までしてくれます。

作業の邪魔にならないように場所を確保しましょう。

 

4.まずは照明をつける。

とりあえずは照明をつけてください。

作業に没頭していて、忘れちゃうかもしれません。

夜になって照明の入ったダンボールを探すのは大変!

あらかじめ分かるように置いておくほうがいいですね。

 

5.ガスの開栓に立ち会う。

ガスの開栓は必ず住人が居ないとできません。

事前に予約した時間にくるはずなので、立ち会ってください。

説明などがあるので、少し時間がかかります。

キッチンの周りには物を置かないようにしておいたほうがいいですね。

 

6.インターネットの開線工事に立ち会う。

これも事前に予約しておけば、当日工事しにきてくれます。

大体当日に時間の確認の連絡があるので、その時間にはいるようにしましょう。

パソコンの設定までをだいたいしてくれるので、その時間までには片付けときたいですね。

なので、時間も夕方くらいでお願いしておいたほうがいいとおもいます。

 

7.あとはひたすら片付ける!!!

大きいモノや必要な物を片付けることができれば、あとはなんとかなります。

家電や照明、布団などその日いるものだけが出せる状態であれば後はゆっくりでもいいかと思います。

私はすぐに片付けたい方なので、その日のうちに全部片付けましたが。

彼は1週間くらい残っていたような気がします。笑

平日は仕事で疲れて帰ってくるので、中々片付けれないみたいです。

 

ただ彼のものは勝手に触らずに!

同棲といってもお互いのプライベートは守ったほうがいいと思います。

これは人によって全然違うので自分のペースで頑張りましょう♪

 

何から手をつけたらいいか分からない…。

そうゆうあなたはこちらを参考にしてみてください^^

⇒同棲する部屋へ引越した後はスピード勝負!早く片付く方法は?