a0002_010315

どんなわがままを言っても大抵はうんうんと聞いてくれる彼。

一緒にいる時間が長くなる同棲をしていると、慣れてきて余計なことまで言っちゃったことありますよね?

最初は許してくれてたかもしれませんが、あんまり度がすぎると優しい彼もイラっとしちゃうと思います。

 

スポンサーリンク

 

今までは好きだからで許されてたことが、慣れてくると許せなくなったりもする。

あまりわがままを言い過ぎると、愛想をつかされちゃう時が来るかも・・・。

私も彼の優しさに甘えて言いすぎてしまったことがあります。

2年ほど付き合ってきて気づいた、彼に言っちゃいけないNGワードを3つご紹介します。

 

1.「前はそんなんじゃなかった・・・」

元々、クールなイメージだった彼。

人前でギャグを言ったり、変な踊りをすることなんてないと思ってたのに、最近よく小躍りを始めます。笑

「昔はそんなことしなかったのに!!」

最初見たときにビックリして言ってしまったことがあります。

この時彼はとても悲しい顔をしました。

 

生活にも慣れてきて心を許したからこそした行動だったのかもしれないのに。

私もビックリしただけで、幻滅したとかそうゆう思いで言った言葉ではなかったのに。

お互い初めての経験で戸惑ったことがありました。

 

同棲を始めるとそうゆう場面に何度も遭遇します。

でもこの時に否定的な言葉を言うと、彼も家で自由に過ごせなくなってストレスが溜まります。

心を許してプライベートな自分を見せてくれるのは逆に嬉しいことですよね。

なので小躍りくらいは一緒にやってみるくらいだと彼は喜んでくれるはず!

 

もし本当に嫌だなぁと思ったことは彼にやんわりと言うのがいいですね。

あくまでも前はそんなんじゃなかったから止めて!なんて言わないように気をつけてください。

 

2.「つまらない、めんどくさい」

例えばデートをしてて、ちょっと口論になってつまらないと言ってしまう。

もちろん本心ではなくて、イラっとしてしまった言葉なだけなのに。

それだけでも彼はとても傷つきます。

 

あなたも言われたら悲しいですよね?

どんな状況であっても「つまらない、めんどくさい」は絶対言ってはいけない言葉です。

せっかく一緒に居てるのに、つまらないと言われてしまう気持ちを考えてみてください。

つい言っちゃったでは済まされないことになるかもしれません。

 

3.なんでも詳しく問い詰める

一緒にいるのにも慣れてきてなんでも言い合えるような仲になってきた。

だからと言ってなんでも詳しく問い詰めるのは厳禁です。

 

自分としては色々知っておきたいのはとてもよく分かります。

私が一番の彼の理解者になりたいですもん。

でも彼からしたらそんなに信用がないのかな?と思われちゃいます。

 

1日の行動もそうだし、友人関係やプライベートなことまでは聞かれると嫌ですよね?

自分が嫌なことは相手にもしないように気をつけましょう。

 

当たり前のことと思うかもしれませんが、気付いたらしてた!ってこともありえます。

彼の優しさに甘えてることに気がついた時にはもう遅い・・・。

別れ話になっちゃった・・・ってことも十分ありえます。

 

好きな人と言っても他人同士です。

ずっと一緒にいると忘れがちですが、自分とは違う人と住んでるということを意識しておくことが大事ですね。

お互いおもいやりは大事にしておきましょう♪