seikatu1

同棲生活を始めたら、今まで気付かなかったお母さんの苦労が見えてきます。

1人の時は家事なんて気が向いた時でいっか!って感じでしたよね?

でも彼という存在が増えることによって、それが義務になってしまう!笑

 

スポンサーリンク

 

どこも使う頻度が多くなるので、掃除も頻度が増えます。

1人では気にならなかった所が気になりだすんですよね。

洗濯も頑張ったら1週間に1回でよかったのに・・・もちろん倍以上になります。

 

そんなん全部やるなんて無理やー!!!!

 

そうなのです!

だから彼にも手伝ってもらわないと、自分のストレスは溜まる一方ですよ。

男の人は基本言わないとやってくれない

彼が前に一人暮らしをやっていたなら、ある程度のことは出来ると思います。

でもあなたが一生懸命家事をしてくれていたら・・・。

あぁイイ彼女をもったなぁとテレビを見ながら思っていることでしょう。

 

こっちは仕事で疲れてるのに!!

と思うかもしれませんが、それはあなたが言わないからですよ!

 

男の人は自分で考えて掃除しよう!とは思いません。

ちょっと汚くても基本は放置です。

もちろんキレイ好きな男の人もいますが、そうゆう人は率先して家事をしてくれるはず。

そうじゃない普通の彼はちょっと手伝ってと言わないと動きません。

それを覚えておいてくださいね。

面倒なことは極力やりたくないけど・・・

仕事で疲れてるのに、家事やりたくないですよね?

それはお互い一緒です。

なので、最初は一緒にすることから始めると手伝ってくれやすいです。

 

例えば、洗濯を干すのを手伝ってもらうとか。

自分はトイレを掃除して、彼にお風呂を掃除してもらうとか。

 

そうやって一緒にわいわいやることで、彼は2人なら家事ちょっと楽しいかも?と思います。

これで第一段階はクリア!笑

 

自分が家事をしてる時、もしくは仕事などで遅くなる時に頼む

例えば、自分が料理をしている時に洗濯をしてもらう。

仕事で残業の時にごはんを炊いてもらう。

そうやって自分が何かをしている時に頼むと手伝ってくれやすいです。

 

この時に注意することが2つあります。

1.やっといてー的な感じでは言わない

私忙しいからやっといて!みたいな言い方をすると、彼はむっとなります。

こっちも忙しいぞ!仕事で疲れてるぞ!とね。

 

なので「ごめんけど、手伝ってくれないかな?」くらいで言うと機嫌よくやってくれます。

ポイントは機嫌よくやってもらうこと!

それが一番です。

 

2.やってくれたら褒めちぎる!!!

とにかく褒めちぎってください。

洗濯たたんでくれたら、私よりキレイにたためてる!すごい!とかね。笑

食器を洗ってくれたら、あなたがやってくれたらいつもより早く終わって助かったわー♪とか。

 

誰でもそうですが、褒められて嫌がる人はいません。

彼も上機嫌になるはずです。

 

最後に「ありがとう!!助かったわ♡」の言葉も忘れずに!

これで彼は手伝うとすごい褒めてもらえるとインプットされます。

これを繰り返しやってるとすごいことが起こる・・・!!

「手伝ってもらう⇒褒めちぎる」を繰り返していると、不思議なことが起こります。

前までは言った時しかやってくれなかったのに、気付いたらやってくれてる!!

お風呂掃除もお風呂入った時に一緒にしてるし、洗濯はやろうかなと思ったときにやってくれてる!!

 

こうなったら完璧ですね!

この時も褒めちぎって、ありがとうを忘れずに伝えましょう。

 

彼はあなたのために、もっとお手伝いをしようと頑張ってくれます。

最初は気付かなかっただけなんですよね。

自分はやらなくてもいいんだって勝手に思ってるだけなので、ぜひ手伝ってもらいましょう^^

 

男の人って器用だったり、几帳面な人が多いです。

洗濯物はすごいキレイにたたんでくれるし、洗い物もふいて直すところまでやってくれます。

本当にすごいなーと思うので、そのまま言葉にすると喜んでくれるんですよね。

そうやってお互い気持ちよく家事ができれば、めんどくさい!なんて思わずに済みますね。

自分1人だけだと絶対大変なので、彼と一緒に楽しく家事していきましょう♪